Wordpress Tips

2015.11.16

固定ページや記事の投稿画面でもPHPを使えるようにできるプラグイン – Exec-PHP –

カテゴリー:

プラグイン名:Exec-PHP
プラグインダウンロードURL:Exec-PHP

スクリーンショット 2015-06-12 15.21.42

プラグインの特徴

wordpressの投稿ページ、固定ページやウィジェットではPHPのコードを使って動的に表示を変える事は本来できないようになっているのですが、Exec-PHPプラグインを導入する事によってPHPコードを使用する事が可能になります。

本来PHPのコードはテンプレート側に書くものなので投稿ページなどでは使わないのですが、たまにどうしてもPHPを使わなくていけない場面があるときにこのプラグインを入れると良いでしょう。

設定の手順

  1. プラグインを下記のURLからダウンロードして頂きます。
    Exec-PHP

  2. FTPでWordPressプラグインのフォルダにアップロード
    http://www.○○○○○○○○○○○○.com/wp-content/plugins/
  3. WordPressのダッシュボードからプラグインメニューを選択しExec-PHPを有効化すると、設定メニューの中にExec-PHPの項目が追加される。
  4. プラグインをオンにするだけで固定ページや記事の投稿画面にPHPの記述が反映されます
  5. また、テキストウィジェットでもPHPの記述を使いたい場合は管理画面の「Execute PHP code in text widgets」にチェックを入れる

    Exec-PHP_img01

  6. プラグインをオンにすると投稿画面に警告文が表示されるが、管理パネルの「ユーザー」→「あなたのプロフィール」をクリックし、一番下に追加されている「Disable WYSIWYG Conversion Warning」にチェックを入れれば表示は消える。

    Exec-PHP_img02

Exec-PHPを使用して制作したサイト

ご相談・ご依頼に関して、まずは

ください。お気軽にどうぞ