Wordpress Tips

2015.11.17

functions.phpによく書くコード ①管理画面編

カテゴリー:

functions.phpによく書いているコードを紹介します。
管理画面の項目ではプラグインなどで設定できる場合もありますが、必要最低限の追加の場合は、functions.phpに直接書く方法も有効です。

管理画面にファビコンを表示

デフォルトでは管理画面にFaviconが表示されないので、下記のように指定します。
例:テンプレートディレクトリ直下にfavicon.icoを置いた場合

function admin_favicon() {
	echo '</p>
<link rel="shortcut icon" type="image/x-icon" href="'.get_bloginfo('template_url').'/favicon.ico" />';
}
add_action('admin_head', 'admin_favicon');
 

ログイン画面にロゴを追加

ログイン画面のロゴがデフォルトではWordPressのロゴになりますが、オリジナルのロゴを使用したい際は下記のように指定します。
例:テンプレートディレクトリ直下にlogo.pngを置いた場合

function admin_logo() {
	echo '</p>
<style>h1 a { background: url('.get_bloginfo('template_directory').'logo.png) 50% 15% no-repeat !important; }</style>
<p>';
}
add_action('login_head', 'admin_logo');
 

管理画面用のCSS/JSを読み込み

管理画面内のスタイル変更やJSを実行したい場合、下記のファイルに記述すると管理画面内のみで反映されます。
例:テンプレートディレクトリ直下にcssフォルダ、jsフォルダ、その下にadmin.css/.jsをおいたとき

function admin_files() {
	echo '</p>
<link rel="stylesheet" href="'.get_bloginfo('template_directory'). '/css/admin.css">';
	echo '<script src="'.get_bloginfo('template_directory'). '/js/admin.js"></script>';
}
add_action('admin_head', 'admin_files');

ご相談・ご依頼に関して、まずは

ください。お気軽にどうぞ